株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ニューヨークダウの上昇 

 



ニューヨークダウは2/11以降

ほぼ一貫して上昇してきました。

そして気がつけば昨年11月の高値まで

あとわずかのところまで戻っています。

本来ならニューヨークダウの上昇に連れて

ドル高になり日本株も買われるはずなんですが

そうはならないですね。

ならないどころか

日本株は2月の安値を試しにいっている感じです。

でもこのような環境の中でも

高値を更新している銘柄はあります。

このような銘柄で利益を稼いで

含み損が大きくなっている銘柄を相殺して売却し

ポジションを立て直すことが重要です。


たとえば

ジャパンホテルリートは

今日も史上最高値を更新しました。

他にもこのブログでさいさん取り上げている

ウィルネット
システナ
テルモ
スターツ
伊藤園
セコム
大東建託
ラウンドワン

などが3月に高値を更新しています。

今後もこのような戦略が有効な時間が

しばらく続くでしょう。

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

力強いニューヨークダウの上昇 

 



ニューヨークダウは

3月に入って上昇速度を早めています。

気がつけば

昨年11月の戻り高値まであと400ポイント足らず

昨年5月につけた史上最高値までも

あと700ポイントという水準まで戻っています。

チャート上もダブルボトムが確認できるので

5月までのどこかで高値を更新する可能性がでてきました。

そのためにもまずは昨年11月の高値を力強く上抜ける必要があります。

一方で2/11からの戻り相場が長期間に及んでいること

25日線からの上方乖離幅が大きくなっていることなどから

目先はいったん調整する可能性も考慮しておいたほうが良いでしょう。

もしこのまま昨年11月の高値を上抜けずに下落して25日線を下割れると

昨年5月から続く下落トレンドがまだ継続していることになり

その場合は一挙に2/11安値を試す下落になる可能性があります。

ですから

ここでの調整は細心の注意が必要になります。

目先調整したあと昨年11月の高値を更新したら

日本株も強気で買いを入れていく場面です。

その場合は

出遅れ銘柄(たくさんあります!)か

3月に高値を更新している銘柄

例えば

テルモ
大東建託
スターツ
ラウンドワン
システナ
ウェルネット
GMOペイメント
いちごHD
ジャパンホテル
インビンシブル
森ヒルズ

などが注目です。

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。