株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

移動平均線は知っている 

 

今日の日経平均は200円近く下げました。

きっかけは日銀の政策会合で長期金利をささえる目新しい材料がでなかったことですが

まあ、昨日あれだけ上げたんだから当然の下げでしょう。
利食い売りも出ますしね。

それに日銀に期待する気持もわかりますが、「異次元緩和」とは「まずありえない」「常道を逸した」という意味ですから、それが政策会合のたびにぽんぽん出て来たら、異次元でもなんでもなくなりますがな。

黒田総裁もそのへんのところはわきまえていて、もちろに心情的には株価を支える次の異次元緩和を発表したいのでしょうが、これくらいの下げなら問題なしということで、今はぐっとこらえているように見えます。

異次元緩和の威厳を保つためにも、当分は出ません。

次に出るとしたら本当にやばいくらい相場が崩壊するときか、誰もまったく予想も期待もしていないときでしょうね。



ところで今日の下げで当面の反発は終ったのか?


みなさん知りたいところでしょう。


いつも言ってますがそんなこと昨日今日、株式投資を始めた人にはわかりません。
わからないのだからへたに予想して売ったり買ったりすると

痛い目に遭いますよ。


仮に儲かったとしてもそれはたまたま当たっただけ。

相場には上がるか下がるしかないのですから、5割の確立で当たることもあるのです。

でもそうすると人は「おれの推測は正しかった!おれには相場の先が読める」なんて自信を持ってしまって

大きな資金を投入したところではずれてしまい「こんなはずじゃなかった」と涙がちょちょ切れるくらい悔やむことになるのです。


わかりやすいように単純化してお話しますが、
この先相場が上がるか下がるか分かる人は

相場に精通していてあやゆる情報が誰よりも早く入手でき
尚かつその情報を適格に分析できる人だけです。

一般的にそのような人は運用のプロで何百億、何千億、という巨額のマネーを運用しています。

ですから彼らが動けば必ずその足跡が相場に残るのです。

その足跡を見て売買すれば、暗闇の中で50%の確立に賭けてきったはったをするよりは遥かに効率良く稼ぐことができるのです。

その足跡の代表格が「75日移動平均線」です。


株価チャートにおける「移動平均線」とは何日かの株価を平均して算出したものです。

25日移動平均はおおよそ過去1ヶ月の売買の平均価格です。
それに対して75日移動平均線は過去3ヶ月の平均価格です。
どちらも重要な指標ですがより大きなお金の動きを判断するには75日のほうが正確です。

日経225は今日の終値より少し下に75日移動平均線があります。昨日の上げで平均線を上回ったわけですが、上回った状態を保てれば、昨日の反発で5/23以来の下げ局面が終了したと判断できるのです。
でももし明日かあさって下回ってしまったら、、、

それは昨日は反発は単なる「ダマシ」だったということになり
5/23からの下げがまだ終っていないことを意味します。

上昇基調に転じたか下落が続くか

まさに75日移動平均線の上で崖っぷちのかけひきですね。
スポンサーサイト

category: 用語の解説

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/9-31b86f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。