株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

戻り相場 

 

週末に発表された1月の米雇用統計は

予想以上に悪い数字でしたね。

12月の非農業部門就業者数も思ったほど上昇修正はされませんでした。

それなのに

ニューヨークダウ、円ドルレートともに


大幅続伸です。


悪材料でも買いで反応するというのは、

相場全体が売られ過ぎの状態にあることを示唆しています。


アメリカ株もドルも、7月くらいに高値を付けるイメージで今後も上昇するでしょう。

日本株も同じく7月前後に1万8000〜9000円くらいの高値を目指す動きは崩れていません。


戻り相場では、やれやれの売り物が出るので最初のうちは反発力も弱いのですが

売った人が売値よりも安くならないのでだんだんあせってきて高値で買い直すようになってきます。

そしてある時点で上昇に弾みがつきます。

「まだはもうなり」

まだまだ相場の底値があると大勢の人が思っているときこそ仕込みのチャンスです。

個別銘柄でチャートの形がいいのは

日本電産、エプソン、アルプス電気、アルバック、三井物産、富士通、NEC

です。

小型株では

ファンコミュニケーションズ、デジタルアドバタイジング、ユニバーサルソリューション、アコーディアゴルフ、トーセイ

などでしょうか。

戻り相場ではくれぐれも高値をつかむことのないようにしましょう。

チャートをよく見て押し目買いでいいところを拾って下さい。
スポンサーサイト

category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/87-a1361d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。