株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

大幅反発 

 

今日の日経平均株価は

405円高の

1万3978.44円となりました。

8月15日以降の戻り高値をすべて払拭した強い上昇です。

しかも寄り付きが今日の最安値、引けが最高値なうえ

25日、75日移動平均線ダブル抜き

という超強気のシグナルが出ました。


これだけ強いシグナルが出てしまったら、これはもう7月後半以降の下落局面が終ったと判断するしかありません。

日柄的にも調整はじゅうぶんだと思います。

この1月半、

・アメリカの金融緩和解除
・新興国の通貨危機
・中国のシャドーバンキング

と立て続けに悪材料がわいてきて

きわめつけはシリアへの軍事介入懸念です。


一方、この間に、

・中国や欧州の景気が底を打ったことを示す経済指標が相次いで発表された
・日本の景気指標が改善されている
・オリンピックの東京開催が期待されている

などいいニュースもどんどん出ていたのです。

きっかけはオバマ大統領がシリアへの軍事介入の是非を議会にかけると決断したことです。

現在米議会は閉会中で再開されるのは9月9日。

少なくともそれまではシリア攻撃は「延長」されたかたちになるのでいや〜〜なムードの重しが取れたかたちで今日の相場は大幅高となったのです。


では、今後どうなるか?


7月後半以降の株式投資戦略は

今日みたいに噴いた日に売却し、「もう相場は終わりだ」と悲観の極みまで下落した日に買う でした。

7月後半〜9月は、大きな下落とリバウンドが4回ありましたから

この戦略で大儲けができました。

わたしの考えではまだこの戦略継続でいいと思います。

もちろん、オリンピックは東京に決定!、シリア軍事介入はしない!
という方向にかけるのなら
全額買いにつぎ込んでもかまいません。

もし思惑取りになれば大きな収益をゲットできるでしょう。

でもリスクを回避したいなら

「噴いたら売り、下落したら買い」 です。

金融緩和や新興国の通貨危機は相場に織り込んだと思いますが
シリアへの軍事介入は、まったく読めません。

リスクを少しでも避けたい人は

アメリカがハッキリと「介入は見送る」

と決断するまで高値を追うのは避けるべきでしょう。


一方、オリンピックですが、こちらはもし東京に決まらなかったら、、、

今の中東情勢を考えたら「トルコ」の可能性は低いと思います。

そうするともし東京が破れたら、マドリッドになるわけでが、
その場合、低迷している欧州経済、とりわけ南欧経済の起爆剤になると思います。

そうすると、ユーロ高という恩恵と

欧州向け輸出の多い、中国の景気にもプラスの作用が働きます。

ですから東京が落選し、マドリッドに決まった場合、日本の株価にとってはものすごく好材料と考えていいわけです。




スポンサーサイト

category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/57-ae4f9ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。