株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

底値は近い 

 

株式市場では、昨日今日起こったことに対して株価が動くことは稀です。

通常は、これから起こることを予測して現在の株価が上がったり下がったりするものです。

ですから先週からの日本の株価急落は、これから起こることを折り込みに行っていると考えるのが妥当でしょう。

では、これから起きる何に対して相場は怯えているのでしょうか?


それは今週予定されている米連邦公開市場委員会と7月の雇用統計です。

ここでアメリカ景気が思ったより回復ペースが鈍いことが確認されると、

>量的金融緩和解除の時期が後ろにずれる
>米金利低下
>ドル安円高 

というように投資家はシナリオの修正を迫られます。

為替市場も日本の株式市場も今年9月に金融緩和の解除がスタートすると予想していましたのでそれが後ろにずれ込むことを嫌って、為替は円高に修正、株価も大きく下落しているわけです。


でも記憶力の良い方なら「あれ?」と思われるのではないでしょうか。

これと同じことを5月後半から6月にかけてわたしたちは経験しているのです。

だたし今回はすでにあれから2ヶ月近い時間が進行しているので、同じような懸念が出て来ても、時間が進んだ分、ショックもゆるやかなものではないかと思われます。

当時は103円台から一挙に96円台まで円高が進みましたが、今回はそれほど急激な為替の変動はともなわないでしょう。仮に当時と同じように96円台に突っ込んでも、103円台からと今回の101円台からでは、下げ幅が与える心理的影響も異なります。

従って、為替は96円台をつけた日の6月の安値、日経平均で1万2300円台までは下げないと思います。

戦略としては1万3500円を割り込んだら買いを開始し、もし1万3000円を割り込んだら、本格的に買っていいでしょう。
さらに下がって1万2300円台を割り込むようなことがあったら、ロスカットをしていったん手仕舞います。

1万3500円台までは、あと160円くらいしかありません。

明日そのレベルに到達してもおかしくないですね。

大儲けができるチャンスが刻々と近づいていますよ。




スポンサーサイト

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/55-462c6065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。