株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ロスカットは有効か? 

 

投資した株が予想とは違う動きをしたときは早めにロスカットをすることが有効です。

株式投資で損をする一番の理由は、小さな損のうちにロスカットをせず、その後急激な動きに動揺してあわてて決済することです。あるいは損をかかえたまま処分できない株を長く持ってしまうこと、塩漬け、です。

塩漬け株も、いつか株価が回復してくれればいいのですが、長い時間のうちに環境が変わってしまいその会社が倒産したり上場廃止になったりすることもあります。

限られた資金を有効に活用するためにも、当初の思惑とは異なる動きをしたら早めにロスカット、あるいは利益が小さくても早めにキャッシュにしておくことです。


ところが


今回のアベノミクス上昇相場では、この株式投資の教科書にも大きく書いてあるロスカットが、あまり有効ではないのです。


6月中旬からの戻り相場で、わたしもかなりの利益を得ることができました。
特に群栄化学やKLab、カカクコムなどで稼がせてもらいました。

でもこれらの売買の中では思ったように動かない時もあって、そんな時はロスカットをしました。
日経ミニ先物でも買いの建玉が思うように上がらず、ロスカットしたこともあります。

その時の買い値は1万3220円です。

このブログでも書きましたが、5月の米雇用統計の発表を受けてニューヨークダウが上昇、その影響で日経平均も朝から多きく値上がりし75日移動平均線を上回ったのです。ところが上昇はほんの一瞬で、午前中には日経平均は下落に転じ、1万26000円まで値下がりしたのです。

このとき1万3220円の買い玉を1万2880円で清算しました。約68万円の損です(涙)。

でも、このときロスカットせずに、今日まで持ち続けていたらこの建玉はおよそ316万円の評価益になっているのです。

ひゃぁ〜〜。

ほかの群栄化学やカカクコム、などもそこまで大きなロスではありませんでしたが、結局ロスカットや少ない利益で早めに見切らなくても、ただじっと今日まで保有していただけで大きな利益になっています。

KLabに至っては、あれだけ急騰したあと大幅な減益決算を発表したのですから、連日ストップ安かと思いきや、たった2日調整しただけで、きょうはもうストップ高、そして先週ロスカットした水準までもう少しのところまで戻っています。

つまり今の相場はあまりにも強い!

ロスカットしなくても、よほどへんな値段で買っていない限り、多少時間の早い遅いは銘柄によってあるかもしれませんが、その値段まで戻ってくる可能性が高いということです。

ですからこの強い相場環境が続く限りロスカットは有効ではありません。

むしろ買った株が下がったらナンピンで対処したほうが得策と言えるでしょう。


今日もカカクコムは史上最高値更新!セコムも新高値です。
この2銘柄に加えて、ヤフー、テンポバスター、を仕込みました。

明日の短期急騰狙いは、日本板硝子、三菱自動車、クックパッドです。

1人でも多くの方がこの歴史的大相場で大儲けできることを願っています(^^)

スポンサーサイト

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/50-43d70377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。