株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

完璧すぎるマーケット環境 

 

5月後半から6月にかけて、株式市場には不安材料がたくさんありました。

ざっと並べてみると


ー米金融緩和縮小による米株下落
ー新興国の株価下落
ーイタリアの組閣
ーポルトガルの政局
ー北朝鮮のミサイル威嚇
ー中国のシャドーバンキング
ー中国の鳥インフルエンザ
ー日本の長期金利上昇


でもいつの間にか、これらの問題に対する懸念はすっかり消えてしまいました。

そして今、相場を覆う暗いニュースはほとんどありません。

天気に例えるなら、不安材料がない快晴のような相場です。

でもわたしがひっかかるのは、あまりにも不安材料が少ないことです。

いや、いくらなんでもそりゃかんぐりすぎでしょうと言われればそうなんですが、何か違和感を感じます。

それは、こんなに素晴らしい相場環境のわりには、上げ方が少ないということです。

これだけの好条件がそろっていれば、1日に500円高、600円高してもおかしくないと思うのですがそうならない。
そればかりか7月に入って、上昇のスピードは落ちてきていますし、1日の中での値動きも小さくなっています。


為替がやや円高方向に動いているということはあるでしょう。
参院選を前に様子見の投資家が増えてきている影響もあるかもしれません。
あるいは高値を更新する前のほんのひと休みなのかもしれません。

どちらにせよ、1日の値動きが小さくなっているということは、相場のエネルギーがどんどんたまっているということです。

もし参院選開票までこんな静かな日が続いたら、上がるにせよ下がるにせよ動き始めたらそのエネルギーは相当なものになると思います。

ここから1週間、相場から目がはなせませんね。
スポンサーサイト

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/47-4b53cdcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。