株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

「マイボディガード」の感想と評価 

 



「マイボディガード」(原題: Man on Fire)は2004年のアメリカ映画です。

全米では初登場一位、五日間で2279万ドルの興行収入を上げるヒットを記録しました。

子供の誘拐が多発するメキシコが舞台。

裕福な家庭の少女のボディガードに雇われたのは、アルコール中毒から抜け出そうとしているジョン・W・クリーシー(デンゼル・ワシントン)。

実はかって米軍の対テロ暗殺部隊に所属していた異色の経歴の持ち主。

最初のうちは「俺は君の友達じゃない」と少女を冷たくあしらっていましたが、

毎日学校へ送り向かえするうちに、父親みたいな感情が芽生え

やがて勉強や水泳を教えるようになります。


そんなある日少女が誘拐グループに拉致され、

決死の争奪作戦がスタートするのです。



出演は

デンゼル・ワシントン
ダコタ・ファニング
ラダ・ミッチェル
クリストファー・ウォーケン
マーク・アンソニー
ジャンカルロ・ジャンニーニ
レイチェル・ティコティン
ミッキー・ローク


監督は

トニー・スコット、

脚本は

ブライアン・ヘルゲランド


私の勝手ランキング:星3(5段階評価)

上映時間146分。

配給:20世紀フォックス

スポンサーサイト

category: 映画の感想

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/442-f05d45f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。