株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

安値を更新していない銘柄 

 



金曜日のニューヨークダウは大幅に反発しました。

これでニューヨークダウは前回安値をつけた1/20の水準で

2回跳ね返されたことになります。

この水準から下では売る人がいない
あるいはこの水準で買いたいと思う人が多い
ということです。

もし先週金曜日に1/20の安値を割れていたら

世界中の株が底なしに下落するきっかけになっていただけに

ひとまず下落は小休止です。

今後このまま上昇し2/1の戻り高値を超えることができたら

ダブルボトムを確認できます。

強力な買いサインです。


それまでは2~3日の戻りを買いで取るというスタンスか

さらなる下落に備えて持ち玉を整理する

ことが有効な戦略になります。

ニューヨークダウが2/1の高値を越えたらこの戦略を変更すべきでしょう。


買う場合は

1/21の安値を割れていない銘柄
かつ
1/21以降に最高値を更新した銘柄
を狙いましょう。

これらの銘柄は、相場が落ち着けばさらに上昇し高値を更新し続ける可能性が高いです。

逆に日経平均が金曜日の安値を割れても、これらの銘柄は下値を割らない可能性も高いと考えます。

このような銘柄は

システナ
テルモ
日清製粉
デジタルアドバイジングコンソーシアム
サカタのタネ
EMシステム
大東建託
ウェルネット
NTTドコモ


さらに
アルソック
NTTデータ
アリアケ

なども面白いでしょう。







スポンサーサイト

category: 銘柄ピックアップ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/440-c8906a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。