株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

暴落から20営業日 

 



私の経験則では

株価の大底から20営業日前後にいったん戻り相場は天井を打ちます。

夏場以降の下落局面で日経平均が大底をつけた日は

9/29です。

そこから20営業日目は10/28、今週の水曜日でした。

今のところ9/29以降の戻り相場が高値をつけた日は

10/26ですから

「大底から20営業日前後」

という経験則は見事なまでに当てはまっています。

20営業日はおよそ1ヶ月です。

同じ相場が1ヶ月も続いたら

そろそろ飽きがくるという人間の心理が反映されたものだと思われます。

逆に安値で買えなかった人にとっては1ヶ月は我慢の限界です。

もうこれ以上待っても買えないとしびれをきらし高値に飛びついてしまいます。

この辺の心理的なかけひきが大底から1ヶ月前後の戻り高値を生むのだと思います。


ただし今回は少し事情が違いますね。

日銀の政策会合を控えているので

結果によってはどうなるか予想がつきません。

もし追加の大規模金融緩和に踏みきれば

20営業日前後の戻り高値のジンクスを跳ね飛ばし

さらに高値を更新する動きになるでしょう。

一方、大方の予想通り金融緩和の見送りとなれば

ジンクスはここでも生きていったん株価は調整するでしょう。

その調整局面は

年末から来年にむけて絶好の仕込み場になると思われます。


スポンサーサイト

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/413-fea68f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。