株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

追証発生と強制執行〜信用取引が相場を撹乱する 

 




株価が急落して含み損をかかえると

信用取引の保証金として差し入れているお金から

含み損分の金額が差し引かれます。

そして保証金が減り信用取引の建て玉を維持できなくなると

投資家は追加の保証金=追証(おいしょう)

を差し入れなければならなくなります。


このとき追証を払えないとどうなるか?

期限までに追証が入らなければ

証券会社は強制的にその建て玉を決済するのです。

買い建てなら強制売りです。

値段に関係なく売ります。

追証の期限は追証発生から2営業日後の午前中の場合が多い

というのがミソです。

つまり株価が急落すると

その2営業日後の後場寄りに

大量の強制売却が執行されるということです。


問題はその下落を

「ファンダメンタルがそこまで悪いのか」

と勘違いしてしまうことです。

需給による相場の変動は一過性のもので

通常はすぐにもとの値段に戻ります。

追証発生による強制売却で

株価が大きく下落したときは

買い

です。




スポンサーサイト

category: 用語の解説

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/386-dd05d9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。