株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ボックス相場での投資の心得 

 





今年の3月中旬から日経平均はおおよそ1万8900円代〜2万900円代

の上下2000円のボックス圏内で動いています。

このブログで何度も説明してきましたが

このようなボックス相場では通常とは異なる投資手法、戦略が求められます。

今日は今まで紹介してきた

ボックス相場での投資戦略をまとめてみました。


日経平均がボックスの高値圏にきたら株を売却して現金を確保する

ボックスの安値圏ではポジションを増やす

ボックスの高値圏のとき買い、安値圏のとき売る、は絶対してはならない

上昇トレンドにある超S級銘柄を保有する

ボックス相場の終わりを常に監視する

ボックスが終わったと判断したら投資手法を変更する



以上です。


超S級銘柄とは、相場全体が上げ下げを繰り返すボックス相場の中にあって

相場が下げるときはあまり下げず、上げるときに新高値を更新する銘柄のことです。

このような銘柄を保有していれば

相場が上がったり下がったりを繰り返しても

持ち株の評価益は増え続けていきます。


例えば

ニプロやジャフコ

は今日の前場に相場が続落する中でも戻り新高値を更新していました。


それから

ボックス相場が終わるためには

時間の調整と需給の調整が必要です。

ボックス相場が終わったあとどちらに動くかも重要なポイントです。

今回は高値圏でのボックス相場なので

これは時間と需給が改善したら

大きく上昇する可能性が高いと予想しています。





スポンサーサイト

category: わたしの投資戦略

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/377-8b5c654d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。