株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

今週の相場 

 




しつこいようですが日経平均は5月からボックス相場に入っています。

高値を更新できない最大の理由は

過去1年間の上昇幅が6000円を超えているからです。

今年の11月になるとこの「過去1年間の上昇幅」は3000円くらいに収縮してきます。

それは日経平均は昨年10月に安値を付けそこから今回の上昇波動が始まっているからです。

つまり相場は日柄調整をしながら次に大きく上昇するためのエネルギーをためていると見ることができます。

私はこのボックス相場を上抜ける変化が出てくるのは

早ければ8月後半、遅い場合は10月中旬くらいだと予想しています。

8月が終われば休暇中だった「高値を買い上がる」海外の投資家が相場に戻ってきます。

また9〜10月を過ぎればアメリカの利上げの影響や日本企業の2016年3月期の見通しもかなりはっきりしてきます。

相場から不透明な要因が減り、需給が改善し、日柄調整も進めば

ボックスを上離れる条件が整うというわけですね。


ボックス相場の中では

とにかく

日経平均が高値圏のときに持ち株を売却します。

そして安値圏のときに株を仕込みます。

絶対にその反対をしてはいけません。


高値圏で売却するのはダメな銘柄(7月9日の安値とその後の高値の半値押し以下になっている銘柄)

安値圏で仕込むのはS級銘柄です。

S級銘柄は

もう何度もこのブログで説明していますが

7月9日以降に年初来高値を更新している銘柄です。

具体的な例は下記です。


ジャフコ
ニプロ
レッドプラネットジャパン
日清製粉
ロート製薬
KDDI
NTTドコモ
サイゼリア
オートバックス
グリコ
マツモトキヨシ
電通
セブン&アイ
アルプス電気
日本電産
アシックス
エイチアイエス
NTTデータ
共立メンテナンス
クックパッド
ディップ
コーセー
森永製菓
スターツ
GCAサヴィアン
ウェザーニュース
島津製作所
竹内製作所
日医工
東プレ
小林製薬
シスメックス
ニトリ
綜合警備保障
日本M&Aセンター
MonotaRO
第一生命
アインファーマシーズ


けっこうありますね。
これだけあるのですからこの他からもっと探す必要はないと思います。

スポンサーサイト

category: わたしの投資戦略

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/374-d3781535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。