株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

EUにNO!を突きつけたギリシャ国民 

 




世界が注目したギリシャの国民投票は

EUの改革案にNOを突きつける結果となりました。

これを受け今後予想されるのは

1)EUが考えを改めギリシャが納得するより寛大な改革案を用意する
2)EUが新提案を用意するもギリシャが納得せず交渉が長引く
3)EUが新提案をおこなわずギリシャがユーロから離脱する

というシナリオです。

可能性としては1が10%、2が60%、3が30%
といったところでしょうか。

2、3のシナリオになった場合、株式市場の不透明感はなかなか晴れません。
ロシアや中国がギリシャへ接近するという安全保障の問題に発展する危険性もあります。

そのうえ7〜8月はヘッジファンドの換気売りなど

そもそも株が上がりにく時期です。

すでに高値圏にある日経平均が、株が上がりにく季節に、これだけ不透明要因を抱えていては

頭を押さえられてもおかしくはないでしょう。


従って今後の戦略に変更なし。

7月下旬〜9月上旬くらいまでは

下値を切り下げながらのボックス相場が続くと予想します。

戦略は引き続き

上がったら売り、下がったら買いの逆張りトレードが有効です。

狙う銘柄は前回のブログで紹介した

6月29日以降の新高値更新銘柄ですよ。

日経平均連動のETFや先物でもオッケーです。

がんばりましょう!


スポンサーサイト

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/360-eb00c3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。