株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ギリシャの国民投票 

 




EUとギリシャの債務交渉は決裂し

ギリシャ議会は国民投票実施を可決しました。

ギリシャのデフォルトが現実味をおびてきたため

今日の日本株は大きく売られています。

先週のブログで
「いったんはデフォルトさせるかもしれない」
と書きましたが
そのシナリオに沿った動きになっているようです。

ギリシャがIMFへの支払い期限である明日までに国民投票の実施を取りやめて

EU側の条件を受け入れればまだデフォルトが回避されます。

あるいはIMFが保有するギリシャ国債の含み益を返済金として受け入れる

実はギリシャに隠し金があってそれで明日ぱーーと返済する

などもデフォルト回避のシナリオです。

可能性は低いでしょうが、、、



一番可能性が高いのは

明日ギリシャがデフォルトして7月5日に国民投票を実施するシナリオです。

その場合、国民投票の結果が今後のマーケットに大きな影響を与えます。
そしてそれまでの間、世界の株価が連鎖的に下落したり楽観的な観測が流れ急騰するかもしれません。

シナリオ1)
国民投票の結果、ギリシャがEUの条件を受け入れる

ギリシャがユーロに残留するための条件交渉や新たな金融支援の交渉、さらにギリシャの解散総選挙も視野にいれなくてはいけません。株価水準は今日より上に戻るでしょうが、不透明要因はなかなか消えないため相場はしばらくボックスレンジになるでしょう。

シナリオ2)
国民投票でEUの支援条件を拒否

ギリシャのユーロからの離脱、ギリシャ経済の混乱、ロシアへの接近、などさらに悪循環に陥ることが予想されるため株価は11月頃まで低迷するでしょう。
ただし国民投票の結果がNOだとしても、それをふまえたうえでEUが譲歩してくる可能性もわずかですがあります。
その場合はシナリオ1)と同じような状況になるでしょう。

スポンサーサイト

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/358-8de492c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。