株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

東証1部時価総額 

 




時価総額とは

発行済株式数に株価をかけたものです。

例えば日本の株式市場で時価総額が最大の会社はトヨタ自動車で

直近の時価総額は約28兆5400億円です。

つまりトヨタの株式を全部買い占めるためにはこの金額が必要だということです。


足元では

東証1部の銘柄の時価総額を合計した金額が

1989年末の過去最高に届く水準まで膨らんできています。

当時の日経平均は3万8000円で、足元の日経平均は2万円をようやく超えたところです。

指数が大きく違うのに時価総額が同じというのは

発行済み株式数が増えたことによるものです。



ところで時価総額が増えた、減った

で今後の株価を予想することは難しいのですが

GDPとの関連で見ると興味深いデータが得られます。

1989年のGDPはおよそ380兆円でそのときの東証1部時価総額はおよそ600兆円

2015年のGDP予想は500兆円で現在の時価総額は597兆円です。

もし仮にGDPと時価総額の比率が1989年に並ぶとすると

日経平均はここから5割上昇すると予想できますが

果たしてどうでしょうか?!

スポンサーサイト

category: 用語の解説

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/342-a326a133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。