株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

リートの有利子負債比率/LTV 

 

リートが新たな物件を取得する際

外部からの借り入れ余力がどれくらい大きいかを見る指標を

有利子負債比率/LTVと言います。

LTVはリートの総資産に対する有利子負債の比率で

低いほど借り入れがしやすく、

この比率の高いリートと比べて

潜在的な成長力が高いと考えることもできます。


現在東証に上場しているリートの平均値は

40〜50%程度です。

LTVが最も低いのは

星野リゾートリートで22.80%。

市場平均の半分程度の水準です。

これにフロンティア不動産(26.77%)

ヒューリックリート(30.33%)

が続きます。


現在のようにリートの保有物件の資産価値が上昇すると

LTVが下がることが期待できます。


またリート価格上昇が続くと

公募増資がしやくすなりLTVを下げる効果が見込めます。

価格上昇がさらなる成長を促しそれがまた価格上昇につながる

という好循環が生まれているのです。




スポンサーサイト

category: リート

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/276-c7cc1396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。