株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ETFを活用しよう 

 

ETFとは「上場投資信託(Exchange Traded Fund)」のことです。

通常の日本株の投信は、1日に1回しか基準価格の算出が行われません。

それに対して日本株のETFは、上場株式と同じように取引所で売買され価格が変動します。

つまり場中の値動きを見ながら売買をすることができるのです。

また

・信託報酬が通常の投信と比べて非常に低いこと
・信用取引の対象銘柄であること
・どの証券会社でも購入できること

も大きな違いです。

投資対象もTOPIX連動タイプ、ジャスダック市場、リート、ニューヨークダウ、インド株、金、など様々です。

なかでもぜひ活用の検討をおすすめしたいのが

「日経平均レバレッジインデックス連動型」

というETFです。



日経225の指数構成銘柄には

ファーストリテイリングやファナック、ソフトバンクのような値がさ株が含まれます。

そしてご存知のように日経平均はこれら一部の値がさ株の値動きに大きな影響を受けます。

極端な話、この3銘柄が大きく値上がりするだけで日経平均株価も数百円以上値上がりすることも日常茶飯事となっているのです。

とくに今回のような相場急上昇時には、機関投資家やヘッジファンドなど巨額な資金を運用している投資家は

いちいち個別個別銘柄をピックアップしていたのでは相場上昇のスピードに遅れてしまいます。

そこで手っ取り早く日本株の上昇に乗るために日経225の先物を買うわけです。

するとまず先物が現物株をリードするかたちで上昇し、それに遅れて現物株が上昇します。

このとき少ない銘柄で先物に追従できるよう、上記の値がさが株が集中的に買われるのです。

こうして指数は上昇しているのに自分の持株はあまり上がっていない

という状況になります。

また東証全体の上場銘柄で指数を算出するTOPIXに対しても日経平均のほうが値上がりします。


この状況を打開するためには、ファーストリテイリングやファナックを買えばいいのですが、値がさ株のためファーストリテイリングは最低投資金額が420万円、ファナックでもおよそ200万円と個人投資家が気軽に何枚も買いを入れれる単位ではありません。


そこで最初にお話したETFの登場です



日経平均レバレッジインデックス連動型には、ファーストリテイリングやファナックなど値がさ株の値動きも加味されています。そして「レバレッジ」の言葉通り、上がる時も下がる時も、現物株の2倍の値動きになるように設計されています。

一番の特色は売買単位で、最低1口から投資可能です。今日の引け値が1万2410円ですから、1口というのはそのまま1万2410円(プラス売買手数料)で購入できるのです。

この金額で、ファーストリテイリングやファナックという超値がさ株に投資する2倍の値動きを享受できるのですから、これを活用しない手はないといえるでしょう。


スポンサーサイト

category: 用語の解説

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/233-5e8d2fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。