株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

強気でいいんじゃない 

 

日本時間20日未明

FOMCの声明とバーナンキ議長の会見によって

当面のもやもやは晴れました。

FOMCが量的金融緩和をいつやめるか、どのようにやめるか、その基準と方法、すなわち工程表を発表したのです。

これを受け新興国の通貨、株は売られ、イタリアやスペインなど財政問題をかかえる国の国債も売られました。

円も売られて、東京市場で97円台、夕方欧州の投資家が参戦してくるといっきょに98円台まで売られています。

98円台ですよ!

アメリカの量的金融緩和が縮小されても、日本はまだ異次元緩和を続けています。
6月上旬は円高進行に怯えていたわけですから、バーナンキ議長の会見を受けた円安は素直に喜びましょう(^^)

しかもFOMCが金融緩和の出口を説明するということは、FOMC自身がアメリカの景気回復に「自信」を持っている証です。でも万が一予想がはずれて景気が回復しなかったら、具体的には失業率が7%を下回らなかったら、金融緩和を継続するとまで述べているんです。


円安、米景気回復、という日本株にとってフォローの風がふたたび強く吹き始めました。

ここは素直に買っていいと思います。

今週までは、為替に影響を受けにくい、バイオ、スマホ/インターネット/ゲーム、不動産関連をおすすめしていましたが、

ここからは輸出関連が本命です。

自動車、精密、電機、商社、海運 ですね。

75日移動平均線をすでに上回っている

ローツェ、京セラ、信越化学、富士フィルム などなどです。

また同じく75日移動平均線を上回っている

フジテレビ、昭和シェル、ドワンゴ、GMOクラウド、キリン、セブンイレブン も注目です。

同じくもうちょっとで75日に届きそうな

いちごグループ、一建設、川崎海運 もいいですね〜〜。

さらに5/23以降の暴落のさなかで最高値を更新した

カカクコム  

3Dマトリックス


は大爆騰の予感です。


アメリカ経済が復調したら、日本経済再生の大きな援軍になります。
今深刻な状態にある中国や欧州、その他新興国にも多大な恩恵を及ぼすでしょう。

2008年以来5年ぶりにアメリカ経済が世界の成長エンジンになるのです。

それを昨夜、FOMCが「金融緩和の出口」を説明することで保証してくれたのです。

強気でいきましょう♪
スポンサーサイト

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/23-502b9799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。