株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

相場反転のサイン 

 

今日の日経平均は大幅に上昇しています。



先週から、相場は売られ過ぎの状態にあるのでニューヨークが反発すると

日本株も大幅に上昇するでしょうと説明してきました。


今までこのブログで説明してきた通りですね。


それにしても一気にすさまじい値上がりです。


個別銘柄では「何もそこまで」というくらい上昇しているものも少なくありません。

先週金曜日の値段を見てしまうと、こんなに値上がりしたらもう買えない、と思ってしまいます。

でも下落を続けてきた相場がいったん反発すると

しばらく上昇が続く可能性が大きいのです。

それも下落期間が長いほど、そして下落幅が大きいほど

いったん反発に転じたあとの上昇は強いものになります。


つまりもっともリスクの少ない投資方法は

下落が続いた相場の反転上昇を狙うことです。


では下落相場の反転上昇サインは何を見ればいいのでしょうか?

今日はそれを説明しましょう。


一定期間、下落した相場が反転したと判断するサインは

1)目標価格にタッチする
2)底値で下ひげが出る
3)安値のピークで長い陰線が出る

などです。
25日線からの下方乖離率が10%近くなったことで1)をクリア

さらに金曜日の日足のチャートで2)または3)も確認できます。

また、騰落レシオの70割れや、新安値更新銘柄数、信用評価損率

などからも当面の安値を付けたことが推測されます。

さらに相場反転を確証するためには

4)新安値を付けたあと、日足が窓を空けて大きく上昇する
5)新安値を付けたあと日足の陽線が連続して出現する
6)最初の上値抵抗線を突き抜ける

などのサインが必要になります。

今日の窓空け上昇で4)はクリアしました。
6)は先週水曜日の高値である1万5100円レベルです。
ちょうどこのあたりに9日線があるので、ここを上抜けられるかどうかが

当面最大のポイントになると思います。

明日6)をクリアすれば自動的に5)もクリアしますので、そうなると

しばらくの間、上昇トレンドが続くことになるでしょう。

そうなった場合、次の上値のめどは75日線レベルになります。

1万5100円上抜けを確認できたら

買い有利な相場に転換すると判断していいでしょう。



スポンサーサイト

category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/225-fee6844e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。