株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

調整局面入り? 

 

6月27日の日経平均は

大幅に値を下げました。

5ヶ月半ぶりという下落率です。


アメリカの5月の個人消費が伸び悩んだため

夏場へ向けての景気加速に疑問府がついたことが

大きな要因と考えられます。

またアルゼンチンのデフォルトの可能性が高まったことや

イラク情勢の先行きが見通しにくいことも原因のひとつかもしれません。


でも一番大きな要因は、5月後半からの上昇スピードが早すぎた結果ではないでしょうか?

マザーズ、ジャスダックなどの新興市場では

この間だけでも株価が2倍3倍に値上がりする銘柄が続出しました。

その結果、「株は上がるのが当たり前」

というような油断が生じ

その隙を狙ってヘッジファンドなど短期筋が

売り物を仕掛けたという図式が一番当てはまると思います。


それから株の売買代金の受け渡しベースで7月相場に入り

アメリカの量的緩和の終了まで4ヶ月に迫った

というのも買い方が様子を見ている背景でしょう。



問題は、このような大きな下落は

相場変調のサイン

ということです。

またヘッジファンドなどは一度売り崩しにかかたら

空売りで大儲けができる水準まで株価を下げてきます。

ですから安くなったからと言ってあわてて買い出動する必要はないと思います。


仮に25日線を下回ったら

75日線近辺に下落するまで様子を見たほうがいいでしょう。

もし来週月曜日に急反発しても、一気に高値更新する可能性は小さいです。

再び下落してきて

27日の安値近辺以上で反発を確認してから買うのが正解です。

予想に反して急反発した場合も

終値で23日の高値を抜いた翌日以降に

買い出動しましょう。




スポンサーサイト

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/174-79363f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。