株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

PBR/株価純資産倍率 

 

株価が1株あたり純資産の何倍に当たるを示す指標が

PBR/株価純資産倍率です。

株価が割高か割安かを判断する材料として使われます。


PBRが1の銘柄は

現在の株価が1株あたり純資産と等しいという意味になります。

1倍以下の銘柄では

企業の純資産より株価が安い状態にあり

理論上は

株式を全部買い占めて、その企業が持つ資産を売却すれば利益が出る

ということになります。

あるいはその企業が持つ資産をすべて買うより

株式を買ったほうが安くすむということです。


通常PBRは1倍以上の値を示していますが

デフレが続く環境では、企業の資産価値も目減りするとの見方から

PBRも低いまま放置される傾向にあります。

下記は5月14日時点の東証1部上場企業でPBRが低い銘柄のランキングです。

双日     0.44
出光興産   0.47
日電硝子   0.49
川崎汽船   0.5
ユニーHD   0.51
石油資源   0.54
洋缶HD    0.56
きんでん   0.58
JX      0.58
旭硝子    0.60


経済がデフレを脱してインフレになると

PBRが1以下の銘柄は市場から激減します。
スポンサーサイト

category: 用語の解説

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/145-b5cd73b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。