株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

25日移動平均線 

 

25日移動平均線は

過去25日間の価格の

平均値を線で結んだものです。


例えば今日の25日平均価格は

25日前から今日までの価格の平均値です。

明日の25日平均価格になると

25日前の価格が計算対象からはずれて

かわりに明日の価格が入ります。

そうやって算出した毎日の25日平均価格を

線で結んだものが

25日移動平均線になります。


25日というのは株式市場が営業している日数でいうと

ほぼ1ヶ月に相当します。


株価が25日移動平均線より上にあれば

過去1ヶ月間にその株を買った人は儲かっている

と考えられます。

ですから株価は上昇しやすい傾向にあります。

また株価が下落してきても25日線で下げ止まって

再び上昇するサポートラインの目安にもなります。

また急騰して25日線より上に乖離し過ぎた場合は

売られやすくなります。

一般的に上昇トレンドを描いている25日線の

やや上に株価があって

25日線と平行に上昇しているときが安心して株を持っていられます。


逆に株価が25日線より下にある場合

過去1ヶ月間にその株を買った人は損をしています。

ですから株価はちょっとしたことでも売られてしまいます。

株価が上昇しても25日線で頭を押さえれる抵抗線の目安にもなります。

株価が暴落して25日線より大幅に下方に乖離した場合は

25日線に戻ろうとする動きが出るので上昇しやすくなります。


昨日「春の訪れ」と題したブログ記事では

たくさんの銘柄のMACDがゴールデンクロスをしたと書きました。


先行して上昇した銘柄の中には

すでに25日線まで戻ったものが多くあります。

例えば

アルプス電気
ダイキン
富士通
イーギャランティ
オムロン
TOTO
など。

一般的に上昇して25日線まで戻ったら頭をおさえれる傾向が強いので

これら先行上昇した銘柄は

仮に相場が引き続き上昇しても来週前半はひと休みするかもしれません。

一方、まだまだ25日線まで値幅があり

かつMACDがゴールデンクロスしている銘柄は

相場が引き続き上昇すれば妙味が大きいでしょう。

新日鉄住金
川崎汽船
牧野フライス
デーエヌエー
など。

しかし一番美味しいのは
すでに25日線も75日線も上回っていて
MACDがゴールデンクロスした状態で
なおかつ一目均衡表でも雲の上に出ている銘柄です。

ソニー
日本板硝子
セブン銀行
HOYA
西尾レントオール
不二越
エスイー
ヒビノ
ダイハツ
村田製作所


など。

今夜のニューヨークダウの動きが重要です。


スポンサーサイト

category: 用語の解説

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/115-a6b5b268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。