株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

実は日銀はやっていた!!長期金利低下策を 

 

昨日の日経平均は大幅安になりました。

日銀政策会合で長期金利の上昇を押さえる「秘策」が発表されると市場は期待していましたが
新しい発表は何もなかったため失望売りがふくらんだわけです。

「今のままでじゅうぶん」

という黒田総裁の発言に失望した人も多いでしょう。


でも


黒田総裁はこの発言で長期金利の上昇を押さえることに成功したのです。

そもそも市場が下げるたびに日銀が何か新しい政策を発表していたらそのほうがおかしくないですか?
日銀は今回の金融緩和の目的は「デフレ脱却を目指すため」とはっきり言っているのです。
それは市場が期待する円安誘導でも株高政策でもありません。

結果的にそういうことがおこるかもしれませんが、最終目標はあくまでも「デフレ脱却」です。

ですから株価が少々下がったくらいでいちいち救済政策は発表しないのです。

黒田総裁自身も、「戦力の逐次投入はしない」、と言明されています。

では、何も発表しなかたことがなぜ長期金利低下につながったのか?


それは株価が下がったからです。


現在の日本の状況において、金利が上昇するほど経済は回復していません。
その中で長期金利が上がっている最大の理由は「株高」なのです。

景気が本格的に回復する前に金利が上がってしまうと、景気の回復に水を指すことなるのでそれは絶対に避けなければなりません。

ですから金利上昇を引き起こす株価の上昇は、その観点から見ると「好ましくない」ことになるわけです。

株価が上昇したおかげで高級品が売れたり人々のサイフのひもがゆるむという波及効果はありますが、それは景気回復の原動力でもなければ日銀が目指している本丸でもありません。

株式市場が好感する政策をあえて発表しないことで
株価の加熱をおさえて金利上昇を抑制しているわけです。


誰も気付かないすごい戦略ですね。

もちろん株価が大暴落をすれば景気回復に大きなマイナスですから、それは何としてもくい止めるでしょうが、現状は上がり過ぎたスピード調整と読んでいるため、救済の必要なしと判断したのだと思います。

現時点では多くの市場参加者が失望した状態です。
そのため昨日から今日の前場にかけて大きく売られましたが、そのことに気付く人が増えてくれば買いも戻ってくるでしょう。

今回の「何も発表しないで長期金利を抑える」戦略は、時間がたてば日銀と黒田総裁への新任をいっそう強める結果になると思います(^^)



スポンサーサイト

category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/11-7fae3fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。