株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

節分天井彼岸底 

 

昨日(3/19)の日経平均は

大きく下落しました。

イエレンFRB議長の発言で

アメリカの利上げ時期の予想が一気に早まったからです。

そこへ持ってきて
3月期末の機関投資家の売りや
3連休を控えたポジション調整
信用取り引きの追証発生による投げ売り


などが重なって下げ幅を広げました。

来週の日経平均が

昨日の水準より下がると

次はいよいよ2/4につけた

1万4000円が大きなポイントになります。

日経平均株価指数や、ニューヨークダウ、日本の主要銘柄
そして円ドルレードのすべての
MACDがデットクロスの状態にあります。

来週前半に大幅な上昇を見せなければ
MACDのデットクロス状態は修正されず
下落トレンドが続く可能性が高くなります。

そしてもし1万4000円を維持できなければ

さらに投げ売りが加速し大幅に下落するかもしれません。


一方、株式相場の世界には

「節分天井彼岸底(せつぶんてんじょうひがんぞこ)」

という格言があります。

これは3月上旬の節分の頃に相場は天井を付け

3月下旬の彼岸(春分の日前後)に底値をつける傾向がある

という意味の格言です。

振り返って見ると

3/4〜5あたりに日経平均や主要銘柄のMACDは

デットクロスを示唆するような動きになってます。

節分天井ですね。


そして格言通りなら

昨日の安値か来週前半につける安値が

「彼岸底」になるかもしれません。

そうなる根拠はあります。

・イエレン議長の発言は「うっかりミス」だった可能性が高い
・期末のポジション調整はピークを過ぎてる
・3月第2周の外人売り越し金額はブラックマンデー以来の規模だった
・信用評価損率が15%を超えている



などです。

そしてもし来週月曜から反発して始まれば
日経平均株価は3/17の底値と
ダブルボトムを形成することになります。


いずれにしても鍵を握るのは今夜のニューヨーク株ですね。

昨夜の上昇を打ち消すような下げになると

来週の日経平均は大きく下落する可能性が高くなります。

その場合、

「彼岸底」

という相場の格言通りにはならなくなりますが

仕方ありません。







スポンサーサイト

category: 相場の格言

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/109-06de94b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。