株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

株式投資は敗者のゲーム 

 

株式投資は

敗者のゲームです。

それをしっかり理解しておかないと

痛い目にあいます。

敗者のゲームというのは

いかにミスをしないか

を競うタイプの勝負事の総称です。

その逆が勝者のゲームです。

例えばバスケットボールは

どんどん点が入りますよね。

ミスを恐れて積極的に攻撃をしなければ

負けてしまいます。

無理をしてでも勝負に出て

より高い得点を目指すタイプの勝負事が

勝者のゲームです。

プロ選手によるテニスの試合も勝者のゲームです。

プロ同士の打ち合いではまずミスはありません。

ですからより強いショットを打って点をかせぐことが求められます。

一方、初心者同士のテニスの試合では

とにかくミスのないようにラリーを続けて

相手が自滅するのを待つ作戦が有効です。

まさに敗者のゲームですね。


そして株式投資も敗者のゲームです。

積極的に得点をかせぎに行く作戦では

勝ち目はありません。

ミスをしないように慎重に慎重に投資するスタイルが求めれるのです。


もちろん積極的に攻めてそれで利益をあげることもあります。

むしろそれが通常のスタイルです。

しかしそうして強気に攻めたことが

裏目に出てしまったらどうなるか?

それまで積み上げてきた利益が一気に吹っ飛ぶほどの損失を被ってしまいます。

9勝1敗でも

金額的には

大損が出ているという状態です。

株式投資を勝者のゲームだと思って闘うと

そういうことになります。


敗者ゲームの闘い方は

とにかく少しでも危ないと思ったら

素早く撤退することです。

ミスをしないこと。

その結果

たとえ勝率が

1勝9敗でもかまいません。

ミをする可能性が小さな勝負で

大勝ちし

少しでも危なそうなときは利益なしでも手を引くことが求められます。



スポンサーサイト

category: わたしの投資戦略

tb: 1   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://moneymoneystock.blog.fc2.com/tb.php/102-4fc301b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

敗者のゲーム

資産運用と呼ばれる「マネーゲーム」も、最近数十年で「勝者のゲーム」から「敗者のゲーム」へと変わってしまった。証券運用の世界で根本的な変化が起きたのだ。1970年代から1980年代にかけて、市場より高い成果を上げようと懸命に努力する機関投資家が多数出現し、市場を支配するようになってきた。この変化がすべての原因である。もはやアクティブな運用機関は、初めて市場に顔を出す用心深い保管業者やアマチュア...

投資一族のブログ | 2014/07/31 21:10

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。