株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

他人のせいにしない生き方 

 



託児所に入れなかった方の怒りのブログが出回っています。

お気持ちやご事情を考えると

なんとも気の毒ですが

人生を明るく楽しく成功裏に生きるために必要なことは

悪いことがおきたときそれを他人のせいにしない考え方ができることです。

託児所に入れなかったことを、政府や自治体など「他人のせい」にしている限り

その人は幸せにはなれません。

待機児童の数はなかなか減少せず

託児所に入れないお子さんは大勢います。

でもそれは首都圏や一部の大都市に限った話で

地方へ行けばいくらでも安い料金で預かってくれるという現実があるのです。

他人のせいにして不平を並べても怒りがさらに大きくなるだけです。

問題解決にむけ

いま自分にできることは何か?

を考え行動することが大切だと思いませんか?



スポンサーサイト

category: 経済コラム

tb: 0   cm: 0

△top

円高時の戦略 

 



円高ドル安が止まりません。

この勢いなら

円安の起点となった2012年の80円割れから

昨年6月の安値125円レベルまでの

半値押しの水準である

100円割れ

まで円高が加速する可能性があります。



その場合有効な投資戦略のひとつが

海外株式やETFに投資することです。

世界には

今後も高い成長が期待できる超優良企業がたくさんあります。

またインドやベトナムなど

これから1人あたりGDPの爆発的な上昇が期待できる国もあります。

そういった国のETFや

国際超優良株を仕込むのに

この円高局面は願ってもないチャンスです。

個別銘柄の値動きにもよりますが

為替の現在レベルでまず最初の打診買いを入れ

105円レベルで2回目

100割れで3回目の買いを入れる

ようなイメージで分割買いをおすすめします。

ETFでは

インド株、ベトナム株のほか

米国ハイイールド社債

にも妙味があると思います。

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

ニューヨークダウの上昇 

 



ニューヨークダウは2/11以降

ほぼ一貫して上昇してきました。

そして気がつけば昨年11月の高値まで

あとわずかのところまで戻っています。

本来ならニューヨークダウの上昇に連れて

ドル高になり日本株も買われるはずなんですが

そうはならないですね。

ならないどころか

日本株は2月の安値を試しにいっている感じです。

でもこのような環境の中でも

高値を更新している銘柄はあります。

このような銘柄で利益を稼いで

含み損が大きくなっている銘柄を相殺して売却し

ポジションを立て直すことが重要です。


たとえば

ジャパンホテルリートは

今日も史上最高値を更新しました。

他にもこのブログでさいさん取り上げている

ウィルネット
システナ
テルモ
スターツ
伊藤園
セコム
大東建託
ラウンドワン

などが3月に高値を更新しています。

今後もこのような戦略が有効な時間が

しばらく続くでしょう。

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。