株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ALSOK 

 



今日の日経平均は大きく反発しています。

ただし8/25、9/8、そして昨日と

下げ局面で安値を更新しているため

当面は下降トレンドが続くでしょう。

5日、25日、75日の主要な移動平均線も下を向いています。

節目まで上昇したところで

持ち株を売却しポジションを軽くするか

空売りをしかけてもいいでしょう。

その一方、個別銘柄ではしっかりしたチャートを形成するものが目立ってきました。

今日はその中で

ALSOKを紹介します。

国内2位の警備サービス会社でM&Aにも積極的です。

株価は8/25の安値を底に

じりじりと値を切り上げてきており

ついに5日、25日、75日の主要な移動平均線を上回ってきました。

昨日の相場全体の下落もどこ吹く風という感じです。

このままだと今週中にゴールデンクロスが出現しそうな感じです。

昨日のような大きな下落日にもほとんど下げないため

安く買うのは難しいかもしれませんが

うまく仕込めたらとても妙味のある銘柄です。



スポンサーサイト

category: 銘柄ピックアップ

tb: 0   cm: 0

△top

新安値を更新 

 




本日の日経平均株価は

寄り付きから大きく値下がりし

9/8につけた安値を下割れました。

もし今日このあと、強力な上昇で切りかえし

9/8の安値を上わまって逆襲の陽線で終了したら

まだかろうじて相場は底割れしていないとみることもできます。

しかしそうならなかった場合は

さらに下値を試す展開になるでしょう。

先週の金曜日につけた安値は3番底ではなくなり

今週あらためて3番底を探ることになります。

そのとき3番底の水準が1万7000を大きく割り込むようなら

相場の調整も長引く可能性が出てきました。

この先さらに4番底、5番底と下落トレンドが続く可能性が高くなります。


その場合、個別銘柄でも

8/25、9/8と安値を切り下げている銘柄の戻りをまって

空売りを仕掛ける戦略で儲けることができるでしょう。



category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

日経平均安値更新か? 

 



今日の日経平均株価は

9月8日安値の攻防になっています。

昨日のブログでもお話ししたように

8日の安値を下割れると

この先調整がかなり長くなる可能性が出てきます。

また下値のめども立ちにくくなり

売り方有利な状況がますます強くなります。

逆に8日の価格を割れずに反発すると

チャート的にはトリプルボトムを形成、

それもやや変則的ですが逆三尊に近いトリプルボトムです。

来週以降、相場が反転上昇し9月9日の大陽線の高値を上抜けると

調整が完全に終了したサインになります。


つまり今日の株価水準は

下に割れればさらに大きく下落

持ちこたえれば大きく反発

というどちらにでも大きく動く可能性があるポイントでの

綱引きになっています。


このようなときはどちらに動き出すのか

様子を見てからアクションをおこすのが

怪我を小さくする方法です。

今日は週末ですし私は今朝の上昇でかなり買い持ちのポジションを減らしました。

なので午後からは相場はお休みにして

ジムへ行って汗を流してきます。

category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

3番底か 

 




日本の連休中にニューヨークダウが大きく下落したため

本日の東京市場もギャップダウンで始まっています。

日経平均は連休前のもみ合いゾーンを下抜けていますが

個別銘柄では、しっかりしたものが目立ちますね。

日柄的には

今日、明日にも

日経平均が3番底をつける可能性があります。

もし3番底の価格が

9/8の安値より高ければ

相場は逆三尊のチャートを形成することになります。

これは強力な下値確認のサインです。

実際に3番底かどうかがわかるのは

来週以降反発して、短期的に上昇トレンドになったときです。

逆に来週もずるずる下げ9/8の安値を割り込むと

さらに4番底、5番底をつけにいく可能性が高くなってきます。

その場合、相場の調整も長引くでしょう。

その意味で来週の値動きは非常に重要になってきます。


今日、明日の安値が3番底だと確信して

買いを入れるのはひとつの戦略です。

その場合、もし来週9/8の安値を下割れるようでしたら

ただちにロスカットをおこないます。


一番底の8/25、2番底の9/8、そして今日の安値を結んだ線が

じょじょに切り上がっている銘柄はすでに上昇トレンドに転換している可能性があります。

シマノ
パイオニア
日特エンジニア
NRI
アルソック
日本M&A
NTTデータ
ブリヂストン
一休
GMOペイメントゲート
ヤマハ発動機
ホシザキ電機
NEC
ソニー

などです。

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

こんなときこそ株主優待 

 




FOMCは今回の会合での利上げを見送りました。

これを好感する形で三角保ち合いを上離れつつあった

ニューヨークダウですが後場から引けにかけて急速に値を崩しました。

すでにここまでで利上げ見送りを織り込んで買われていたということですね。

しかし下落したといっても三角保ち合いが崩れるほどの下落ではありませんでした。

今後も上か下か

どちらかに大きく動きだす可能性は残っています。


個別銘柄ではこのブログでたびたびとりあげてきた


パイオニア


が今日も戻り高値を更新しています。

ホルダーのみなさん、おめでとうございます。

これだけ地合いが悪い中で高値を更新するというのは

とても強い証です。

短期的には25日線からの上方乖離が広がってきたので調整するかもしれませんが

中期的にまだまだ高値を狙える銘柄です。

同じく強く推奨しているNTTデータも昨日年初来高値を更新しました。

こちらもまだまだ楽しみです。


さて今日は

株主優待銘柄をピックアップします。

相場の先行きが不透明でいつ上昇するのかわからないこんなときこそ

優待を受けれる銘柄なら長く付き合うこともできるのではないでしょうか。


今日紹介するのはプレナスです。

株価は年初来の安値圏にあるため

配当利回りが3.3%あります。

また持ち帰り弁当のほっともっとや、ごはん、味噌汁お代わり自由の定食屋やよい軒で使える

優待券が100株で2500円分もらえます。

高配当と優待券をもらいながら気長に株価の上昇を待つにはおすすめの銘柄です。





category: 銘柄ピックアップ

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。