株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

今日のコンチクショー! 

 



わたしはドラッグストア株に強気です。

それでマツモトキヨシを持っていたのですが

この1ヶ月あまりは高値圏のもみ合いになっています。

一方、前々から注目していた

アインファーマシーズはずるずると値を下げ

25日線を割りんだ後75日線までも下回ってきました。

それで

「これはいずれマツモトキヨシも75日線まで下がるだろう」

と考えました。

一方、

「すでに75日線まで下がっているアインファーマシーズは割安だ」

と衝動的に思い

マツモトキヨシを売却してアインファーマスーズに乗り換えたのです。

ところが

もうじゅうぶん下がったと思ったのにアインファーマシーズは

その後もずるずると下げ続けました。

一方で「まだ下がる」と思って売却したマツモトキヨシは

なかなか下がらないばかりか

今日は前場の段階で300円高!

東証1部の値上がり率ランキングの8位に顔を出すほどの

あばれっぷりを披露してくれちゃいました(涙)


最近の日本電産や小糸製作所、イマジニアなどの例でもわかるように

下げそうで下がらない銘柄は

ある日突然急騰するから

注意しなければいけませんね。

それしても

売った株が上がり

買った株が下がる


という往復ビンタはきつい(><)!

スポンサーサイト

category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

訪日外国人増加の流れ 

 




たびたびこのブログで取り上げている

西武ホールディングスが今日も最高値を更新しています。

ホルダーの皆様

おめでとうございます!!

政府は訪日外国人観光客数を

2020年までに年間2000万人に引き上げる計画をたてています。

つまりこれは国策です。

相場の格言にあります「国策には逆らうな」ですね。

ところが今年1〜3月の訪日外国人数を

年率換算すると

もしかすると今年中に2000万人を突破する可能性も出てきたのです。

関連銘柄は

ミツコシイセタン
セブン銀行
マツモトキヨシ
アインファーマシーズ
ラオックス

など消費関連を中心に多岐にわたっていますが

中でも注目はやはりホテルです。

ホテルは儲かりそうだ、よし作ろう!

と思っても完成まで長い時間がかかります。

おまけに地価上昇や建設資材、人件費の上昇で

これからホテルを作ってもリスクが高い

と慎重になる会社が多いため

すでにホテルを持っている企業にとって

うまみを独占できる状態が続く可能性があるのです。


1月以降調整しているリートの中で

ジャパンホテル
インヴィンシブル
星野リゾート

の3銘柄だけが今月に入っても最高値を更新していることからも

強気で攻めていくべきだと思います。

以下、有望なホテル関連銘柄


西武ホールディングス
レッドプラネットジャパン
ジャパンホテルリート
インヴィンシブル
リゾートトラスト
一休
共立メンテナンス
リゾートソリューション
藤田観光
星野リゾート
オリエンタルランド
帝国ホテル
東京ドーム
ルクルート

category: 銘柄ピックアップ

tb: 0   cm: 0

△top

医療機器関連銘柄 

 

日本の医療機器を施設や人も含めてまるごと輸出する計画を

政府が後押ししています。

昨日はロシアに循環器系医療施設を建設するという発表がありました。

以前からこのブログで取り上げていますが

日本の医療機器の水準は非常に高く

グローバル市場でも競争を勝ち抜く品質を持っています。

それを政府が後押しする、つまり国策ですね。

相場の格言に「国策には逆らうな」という言葉がありますが

まさに医療機器関連銘柄は宝の山と言えるでしょう。


日本株の業種別カテゴリーに「医療機器」という項目がないため

割安に放置されていますがそれがかえって投資のチャンスを生みます。

以下、有望な医療機器関連銘柄


日本光電工業
ニプロ
テルモ
エーアンドデイ
シスメックス
オリンパス
富士フィルム
マニー
松風

category: 銘柄ピックアップ

tb: 0   cm: 0

△top

日経平均上抜け! 

 




日経平均株価は終値で15年ぶりに

2万を超えました。

しかも窓を開けての記録更新ですから

これはとても強い動きだと思います。

終値2万円の壁は15年ぶりですが

4月上旬からも何度かトライしてそのたびに押し戻されていただけに

今後はこのラインが下値支持線として機能してくる可能性があります。

4月SQ値も同時にブレイクしている点も注目です。


今後は押し目をつけるようなら強気で仕込むチャンスとなります。

下値のめどは

4月SQ値、心理的な抵抗線である2万円、そして1万9940円

その下にも5日線、25日線と強力な抵抗ラインが複数控えています。


今後、ITバブル期の取引時間中高値2万833円(00年4月12日)を上抜けてくると

1989年12月バブル相場のピークから26年続いた下落トレンドが完全に転換することを意味します。


昨日も取り上げましたが

T&Dホールディングスは本日も最高値を更新しました。

相場全体が本格的に上昇トレンドに転換すると

同株にもまだまだ上値を狙える余地が広がります。


同様にみずほフィナンシャルですが

240円を上抜けると約2年続いたボックス相場をブレイクすることになります。

その場合は素直に買いでついていきましょう。


最後にこのブログで一貫して強気の

NTTデータですが

本日戻り高値を更新しました。

この株は2月以降教科書に出るようなきれいな上昇曲線を描いています。

今日の引け値は5620円ですが

かって2万7300円の高値があります。

非常に楽しみです。








category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

T&Dホールディングス 

 




日経平均は昨日半値押しのポイントで下げ止まり反発したため

大幅な上昇となっています。

昨日のブログで紹介した

リバウンド狙いの銘柄も

強烈に値上がりしていますね。

ホルダーのみなさまおめでとうごいざます!


ニューヨークダウが4月16日の高値を更新してくると

日本株ももっと強気で買えます。



今日は相場に先んじていち早く高値を更新した銘柄を取り上げてみます。

保険会社のT&Dホールディングスです。

相場の上昇で保有している株や不動産の大幅な値上がりが期待されています。

そして今日、5年ぶりの高値を更新しました。

この会社の株価が高値を更新したということは

アベノミクスによる相場上昇はまだまだ続く

と考えていいかもしれません。


今日の寄り付きは1718円でしたが

リーマンショック前には4780円の高値をつけています。

予想PERも13倍台と割安感があります。

MACDも今日ゴールデンクロスしそうです。


一度に大量に買うのではなく

相場全体が下落したときにこつこつと下値を拾ってください。





category: 銘柄ピックアップ

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。