株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

大納会 

 

今年最後の相場は

今のところ昨日に続き続落となっています。

東京市場が休場している間に

ニューヨークダウが下落転換することへの懸念が

大幅下落の理由です。


ニューヨークダウは

高値圏で4日連続上ひげが出現しました。

これは一般的には上値が重くなっていることのサインです。

ただし、クリスマス〜年末休暇のため商いが薄くなっていることを考慮すると

必ずしも高値から下落転換へのサインとは言えません。

むしろ薄商いでも上へ行きたがっているサイン

と読むこともできます。

一方、原油価格が再び安値を割れて下落トレンドに戻ったことは悪材料です。


今年はカレンダーの並びから

東京市場が休場の間、ニューヨークがオープンしているのは


3日間だけです。


それでもその3日間ではっきり下落転換が確認できれば

年明けの東京市場は大幅なギャップダウンから始まるでしょう。

また高値圏にある日経平均が今日は窓を開けて陰線になりました。

これも今後の大幅下落を示唆するひとつのサインです。



もし休み中にニューヨークが上昇して高値を更新すれば

東京市場もギャップアップではじまるでしょうが

それは博打的な要素が強すぎるので

わたしは株のポジションは3分1くらいに減らし、

今日も大幅上昇しているリートはフルで保有したまま

今年の相場を終わりにします。


来年も楽しみながら相場に参加でき

1人でも多くの投資家のみなさんが笑が止まらないほど儲かりますように。

それではみなさん良いをお年をお迎えください。

スポンサーサイト

category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

リートが大幅続伸 

 

今日の日経平均は堅調にスタートしましたが

後場に入って急落しました。

国内でエボラ熱感染者が出た可能性があるとのニュースに敏感に反応したようです。

市場全体は後場に入って反応しましたが

わたしが保有していた富士フィルムは午前11時すぎから突然火がついたように上昇しました。


ただし市場全体の反応はやや過剰で

今夜のニューヨークダウは8連騰しない

という予想のもとで

早めの売りが出たものと思われます。

今夜のニューヨークダウがどれくらい下げるかわかりませんが

もし軽いスピード調整程度の下落であれば

今日の日経平均の下げで織り込んだ可能性が高いと思います。

何しろ一瞬1万7500円近辺まで売られましたからね。


さて後場激震が走った日本株ですが

一部のリートはまったくおかまいなし

今日も火柱高を演じています。

リートについてはこのブログで

強力に推奨しています。

星野リゾート
トップリート
グローバルワン
スターツプロシード
日本ヘルスケア


などは今日もすさまじ上昇でもどり高値を更新しています。

なぜリートは株式市場が崩れても

こんなに上がるのでしょうか?


今、日本の10年国債の利回りはわずか0.3%ほどしかありません。

地方銀行や生命保険会社にとって

これは死活問題です。

かといって外債の金利も低下していて為替リスクを考えるとまともに投資できるレベルではないのです。

その一方で一部のリートの利回りは

これだけ上昇してもまだ4%以上あります。

しかも来年景気回復が本格始動してくると

賃料の上昇が見込めるのです。

賃料はまずサイクルの短い住宅から上昇し、次にオフィスへと波及していくでしょう。

保有物件の賃料が上がればリートの利回りも上昇が見込めます。

ですからまず最初に賃料が上昇し利回り上昇がはじまる住宅系リートがすさまじく上昇しているのです。

そして最近ではオフィス系リートにもお金がわまってきました。

通常は賃料が上がるくらい景気が回復してくると

国債の利回りも上昇するのでリートの魅力は相対的にそれほど大きくなりません。

ところが今回は日銀が国債金利の上昇をおさえているため

リートの利回りだけがワンマンプレーのように目立つ状況になってきているのです。


さらにそのリートを日銀が買い支えている。

このことの意味を早く理解した人から

来年は億万長者になれるでしょう。






category: リート

tb: 0   cm: 0

△top

ニューヨークダウ7連騰なるか?! 

 

▪️今日のトレード
1)昨日のブログで書いた「明日の注目株」の中から

ミネベア、共立メンテナンス、エプソン、電通、gumi

を寄り付きで買いました。

gumi

以外は数分で値幅が取れたので売却。

gumiは寄り付き後大きく下落したあと反転し買値を上回ったのですが

欲が出て売却できず(><)

結局、午後まで持ち越してロスカットしました。

けっこう損しました(涙)。

2)データセッション
大きく下落したところを買ってその後の小反発で売る

といういい波にのれて2回取れました。

▪️保有銘柄
1)リートは全般に堅調。
グローバルワン、コンフォリアは高値更新です。

2)アドバンテスト
高値更新直前で保有株の半分を売却。
明日以降下げたら買い戻し。高値を抜けたら大きく追撃買い。

3)富士フィルム
予想通り大幅続伸。

4)キャノン
午前中大きく下げていたので買い増ししようかと思いましたが見送り。

5)リプロセル
昨日半分投げましたが今日は大きく上昇。結果「最安値を売る」という天才的なトレードでした(涙)

6)三井物産、日本光電工業、みずほ、島根銀行、神戸製鋼、シナネン
など継続保有です。

▪️来週月曜の注目株
1)今夜のニューヨークダウが7連騰するかどうかが大きな焦点です。
2)東京電力
持ち合いを上に抜けてきました
3)みずほ
同じく持ち合い上離れ
4)アドバンテスト
高値更新したら上昇が加速
5)ミネベア、オリエンタルランド、電通
6)今週新規上場した
gumi、カヤック、データセッション、インターワークス。

category: 今日の相場

tb: 0   cm: 0

△top

逆襲の陽線 

 

▪️今日のトレード

1)昨日新規上昇しストップ高で引けた

データセクションを寄り直後の1080円台で仕込み1280円台で売却。その後1350円のストップ高になってちょっと残念ですが儲かったのでよしとしましょう。

2)コニカミノルタ

昨日1398円で売却したコニカが突然の大幅下落でスタート。
寄り付きから5分足の3本連続下ひげ出現したため1330円台で買い、1350〜60円台で売却。一部持ち越し。

▪️気になる点

1)昨日の安部総理の所信表明演説。

ろれつがまわっていなかった!

脳梗塞の兆候か!

安部総理にもしものことがあったら

世界的に株価暴落します(><)

2)昨夜のニューヨークダウは高値圏で上ひげ陰線となりました。

▪️明日の注目銘柄

1)エプソンやコニカ、日本光電工業のように

アナリストレーティングの変更で突然大幅下落した銘柄は2〜3日で元に戻る傾向が強いです。

2)このブログでずっと推奨している高値更新の主力株

ミネベア、電通、共立メンテナンス、キャノン、オリエンタルランド、ユニチャームは今日も最高値を更新しました。
この勢いはまだまだ続きそうです。

3)富士フィルム

主力株の中で戻りの鈍かった富士フィルムも勢いがあります。

4)gumi

新規上場後4日連続下落し本日はじめて陽線になりました。

しかも今日は昨日の引け値より安くよったあと切り返しての上昇陽線です。

このように前日の引け値から窓を開けて安くよったあと切り返して上昇する日足を

逆襲の陽線

といい買いのサインとなります。

5)その他の新興株

本日ストップ高の

カヤック

データセクション


高値更新したFFRI

に注目です。







category: 用語の解説

tb: 0   cm: 0

△top

祝!ニューヨークダウ史上最高値更新 

 

ニューヨークダウが史上最高値を更新しました。

株式投資にはいろいろな手法がありますが

もっとも簡単でリスクが少ないやり方

ニューヨークダウが上昇トレンドのときに主力株を保有する方法です。

ダウが高値反転したら手放し下落トレンドでは空売りポジションを持ち越します。

まあ下落トレンドのときは何もせずお休みでもかまいませんが。

ニューヨークダウはいったん底打ちして上昇トレンドに転換したら

終日から数週間上昇が継続する傾向があります。

その間、主力は持ちっぱなしの状態で毎日ほったらかしで上昇してくれます。

こんな楽ちんなお金儲けはそうないでしょう。



さらにミネベアや村田、TDKといった主力株は

どんなに高値で買って「しまった」と思っても

そしてそのあと暴落しても

しばらくすると必ず戻ってきてまた高値を更新します。

ですから非常にリスクの少ない投資対象だと思います。

それでももしどの銘柄を選んだらいいかわからない人は

レバレッジETFがおすすめです。

今回の12月16日からの戻りの中で

もっとも効率のいいアドバンテスト株より

レバレッジETFのほうが利益幅が大きいという事実があります。

あれこれ銘柄を選んで当たり外れのリスクを背負うより

ニューヨークダウが底値や高値で反転するタイミングを計ることだけに専念できるメリットがあります。



わたしの本日のデイトレはキャノンと電通の買い。

両銘柄ともよりつきから最高値だったので買いました。

そして利益をとって売却。

キャノンは12月16日に仕込んだ玉がまだあります。

それから16日に仕込んだ

デンソー、ブリヂストン、コニカ、HOYAなどを今日売却しました。

いずれもニューヨークダウの上昇で


ほったらかしで毎日値上がりしてくれました。


一方、今回の上昇トレンドの中で大きく下落していたエプソンを仕込みましたが

どうも値持ちが悪いでの50円のロスカットで売却しました。

しかし本日底値で下ひげ陽線出現のため底打ちしたかもしれません。


ニューヨークダウはまだ上を目指す動きですが

さすがに今夜上昇すると6連騰になるので

少しポジションを軽くしておこうと思いいくつかの銘柄を売却しました。

同じく16〜17日に買った株の中で

配当利回りの高い

三井物産、極東証券、島根銀行、キャノンはまだ保有しています。

アドバンテス、富士フィルムも保有。

これらはかなり値幅が取れているので

ニューヨークダウが高値をつけて下落転換したことを確認してから売っても

十分利益が残ると思います。



石油価格は12月16日に底を売って反転上昇していますが

上昇力がとても弱いです。

しかも反転してからすでに1週間以上経過したため

もしかしたらまた下落トレンドに転換するかもしれません。

するとニューヨークダウもまた下落トレンドに反転する可能性があります。


それではみなさん、よいクリスマスイブをお過ごし下さい。





category: お知らせ

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。