株式運用スキルを磨いて1億円ためよう

儲かる銘柄を探すより儲けるスキルを身につけろ!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

米株式市場と為替市場のねじれ 

 

日本株が低迷してます。

その最大の原因は為替市場で進む円高の動きです。

多くの方が疑問に思われているのが

金融緩和縮小開始=米金利高=ドル高

という図式になぜならないのか?

ということです。


株式市場関係者が予測するように
アメリカの金融緩和縮小が9月に始まるのなら、金利高の方向へ動くはずなのです。
そして米国金利が高くなればドル高円安の流れになるはずです。

ところが実際は、米国金利は低下しそれに歩調を合わせるようにドル安円高の方向へ進んでいます。

そしてこの円高の動きが日本の株式市場に下落圧力をかけていいるのです。

9月にも金融緩和縮小がスタートするかもしれないというのになぜアメリカの金利は下がるのか?

それは

株式市場関係者と、

債券/為替市場関係者

思惑が異なっているからです。


実は9月にも金融緩和が開始されると予想しているのは株式市場関係者のほうです。
ちょっと前までは年内ではなく年明け以降になるだろうといのが市場のコンセンサスでした。

それが9月に「前倒し」されるという予想に変わったので、株式市場が下落しているのです。

一方、債券/為替市場関係者のコンセンサスは以前は9月に縮小開始だったのですが、

現在は10以降、12月かもしかしたら来年、と後ズレしています。

そのため金利安、ドル安方向に進んでいるのです。

これが外部から見ると、早期金融緩和解除を嫌気して株が売られる一方ドル安が進む

という「ねじれ現象」として見えるわけです。


ここで日本株への投資家という立場で重要なのは


どちらの見方が正しいのか?


という見解です。


わたしの予想ではおそらく債券為替市場関係者のコンセンサスのほうが正しいような気がします。

すると米金融緩和感情は早くても10月以降で来年に持ち越される可能性もあるということです。

そうすると今のドル安円高が正当化されるので、日本株でも輸出関連はなかなか買いづらいと思います。
一方、今のアメリカ株の下落は行き過ぎなのでやがて反発する、中国や新興国の株も反発する 
というシナリオが想定されます。

その反対に、もし米株式市場関係者のコンセンサスが正しいなら
早急に米金利は反転上昇し、為替もドル高円安に向かうでしょう。


いずれにしてもどちらのシナリオが正しいとしても
日本株全面安という局面は最終場面に近いということです。

1人でも多くの投資家が株式運用で巨万の富を得ることができますように(^^)

スポンサーサイト

category: 今後の予想

tb: 0   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。